会社設立にあたって

再生医療の現場に安全な細胞をとどける

われわれは岐阜大学で、捨てられる親知らずや乳歯から細胞を取り出し、再生医療に応用する研究をしています。歯髄細胞と呼ばれるこの細胞は、硬い歯の中で守られています。脊髄損傷を治療したり、歯周病を予防することができ、iPS細胞の原料にもなります。

しかし、細胞は提供していただいてから、患者さんに届くまでのあいだに様々に変化します。取り扱い方が悪いと、移植しても充分な力を発揮できなくなることもあります。そのために、わたしたちは細胞の品質管理に、ブロックチェーンという技術を世界ではじめて導入します。細胞の「ヒストリー」を完全記録することにより、安心して治療に使える細胞を再生医療の現場に届けます。

「あきらめない くじけない むりしない」

新着情報

Management of Transferring and Viewing Rights with Thumbnails of Medical Datasets Recorded on a Blockchain as NFTs.(医療データのサムネイル画像NFTを使ったデータ送付および閲覧権の管理)

https://medium.com/@shizuilab/management-of-transferring-and-viewing-rights-with-thumbnails-of-medical-dataset …

ShizuiNet

われわれが提供するShizuiNetは、ブロックチェーンに、細胞の製造や輸送などに関する様々な情報を記録するシステムです。細胞を提供してくれるドナーさんから患者さんまでをつなぐ役目をします。

細胞の輸送や、製造現場で使われるデータ形式の多くは互換性がなく、専用システムの構築と維持には多大なコストがかかります。そこで、われわれは岐阜大学しずい細胞プロジェクトで培われた経験を元に、現場で簡単に細胞と紐付いたバーコードデータを記録するしくみが作れないかと考えました。

細胞を保存したフリーズボックス内のチューブの配置図や、ロボット式凍結保存装置の保管台帳などで、チューブやサンプルに付けられるバーコードIDがあります。これを現場でリアルタイムにブロックチェーンに記録していくデバイス「CellPi」を、学生実習で作りました。

CellPiはデータが広く公開されるパブリックブロックチェーンだけでなく、機密性の高いプライベートブロックチェーンでも使えます。ブロックチェーンには、タイムスタンプとバーコードIDデータのみを記録するので個人情報は保護されます。

一方、データベースサーバー(MoniPi)は、ブロックチェーンに定期的に問い合わせをおこない、トレーサビリティ情報をローカルデータベースに追加していきます。ユーザーはブラウザからMoniPiに接続し、トレーサビリティ情報を素早く、簡単に取り出すことができます。これがブロックチェーンが苦手とする過去に遡っての素早いデータアクセスを可能にする仕組みです。しかもローカルデータベースはいつでもブロックチェーンから再構築が可能です。

ShizuiNetデータベース:
ShizuiDataBase

検索機能のデモ:
ShizuiNetWanaPi

公共のブロックチェーンと、省電力なデバイスで構成されるShizuiNetは、様々な方面に応用が可能です。例えば、米や自然薯などの農産物トレーサビリティにも応用されています(CannaPi)。公共ブロックチェーンを利用しているので、もしデータベースサーバーが故障しても、元データはブロックチェーンにありますから、いつでも最新情報で再構築可能です。しかもブロックチェーンのアクセスポイントは世界中に800以上もあるので、データベースサーバーがダウンしている間も、デバイスからのデータ書き込みは影響を受けません。このように非常に高い可用性を保ち、堅牢で改変されることがない仕組みはブロックチェーンならではと言えるでしょう。

現在、岐阜大学医学部のセルプロセッシングセンターを使って、試作機のテスト運用をおこなっています。わたしたちが持つ細胞やその取り扱いノウハウを社会に還元すべく、共同研究を通して他の企業や機関と情報やノウハウを共有しています。幅広いトレーサビリティのニーズに合わせた柔軟なカスタマイズが可能ですので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。もちろん岐阜大学との秘密保持契約や共同研究契約の仕組みも利用可能です。

ShizuiNetによる細胞保存過程のシミュレーション解説動画

メンバー

手塚 建一(代表取締役)

1964 東京都町田市生まれ
1987 京都大学理学部卒業
1987 ヘキストジャパン(株)医薬総合研究所分子生物学研究室
1991 明海大学歯学部口腔解剖第一講座, 助手
1994 Merck Research Laboratories, Postdoctoral Scientist
1997 東京理科大学生命科学研究所, 講師
2002 岐阜大学医学部再生医科学専攻, 助教授
2004 科学技術振興機構, さきがけ研究員(兼任)
2007- 岐阜大学大学院医学系研究科, 准教授
2022- 株式会社しずい細胞研究所, 代表取締役(兼任)

私は長年にわたって骨や歯などの研究をおこなってきました。岐阜大学に移ってきた時に、捨てられる親知らずからたくさんの細胞が採取できることを知り、この細胞を世界に届けたいと思い会社を立ち上げました。これまでの経歴や詳しい業績は以下の研究室のホームページを御覧ください。

岐阜大学大学院医学系研究科手塚研究室のホームページ

会社概要

会社名:株式会社しずい細胞研究所

所在地:501-1194 岐阜県岐阜市柳戸1-1
岐阜大学大学院医学系研究科再生機能医学分野内
Google Maps

代表者:手塚建一

事業内容:細胞の品質・流通管理システムの開発

資本金:350万円

会社設立:2022年4月1日