Symbolブロックチェーンのキプロスハードフォークに対応しました

ShizuiNetが利用を考えているSymbolブロックチェーンが、ファンドの移行を含んだハードフォーク(キプロス)をおこないました。それに対してVPSで稼働しているしずいノードもいち早くアップデートをおこなって、賛同の意を示しました。その結果、キプロスハードフォークは90%以上の賛同を得て、無事にアップグレードされ、これまで使途が不明瞭だった開発ファンドも、Varkrie社とコア開発者の管理下に戻りました。

定款認証をおこないました

株式会社しずい細胞研究所は、岐阜公証人合同役場で定款認証をおこないました。また、代表取締役を兼任するための、兼業届を大学に提出しました。

dHealth Networkとパートナーシップを結びました

スイスに拠点を置く、ヘルスケアブロックチェーンdHealth Networkと岐阜大学しずい細胞プロジェクトはパートナーシップを結びました。dHealthノード(dhealth.shizuilab.com)を立ち上げて、ShizuiNetのデータの一部を保存するテストをおこないます。将来は、Symbolやmijin-catapultとのハイブリッド運用により、細胞追跡(トレーサビリティ)を確実に効率よくおこなえるようにします。

岐阜大学プレスリリース

NEMTUSストレステストの結果をMediumに投稿しました

第1回、第2回のNEMTUSストレステストを利用して、ShizuiNetトランザクションがどの程度取り込まれたかを比較したデータを論文にまとめま、Mediumに投稿しました。第2回ではブロックチェーンの改良により、エラー数が大きく減少しました。

https://shizuilab.medium.com/improvement-of-symbol-testnet-blockchain-stability-through-nemtus-community-stress-tests-8527c734da8

第20回日本再生医療学会総会で「ShizuiNet」を発表します

3/11-3/13に完全Web開催される第20回日本再生医療学会総会で、ShizuiNetに関するポスター発表ならびに、再生医療テクノオークションでのブース展示を行います。

ポスター発表はオンデマンドでのスライド展示(演題番号P-19-23)。テクノオークションは、展示会場でのブース展示となります。岐阜大学のロゴをクリックしてご入場ください。なおブース公開時間は

3月12日(金) 19:00-21:30

プレゼンテーションはCH2にて 19:10-21:10です。